第6話 夏の呪文 -第1幕-

梅が咲き、南風が吹き荒れて、桜が咲けば春本番。

つるべ落としが如く日が暮れて、虫の音と名月で一杯は秋の訪れ。

季節の代名詞は、それ一言だけで四季の移ろいを告げます。

これと聞けばこの季節、皆さんにはどんなものがありますか。

今回はそんな季節を告げる一言のお話です。

全3回に分けてお届けする今日は第1幕。

それではどうぞ〜!

第2幕に続く…

第5話 進化への道のり 〜後編〜

ポケモンGOが意外にも体育会系のゲームになりうることを知った中年メタボ院長に、可愛い我が子から衝撃的な無茶ぶりが…

さてさて、超が付く運動苦手人間の運命やいかに。

それではどうぞ〜

こどもって、絶対自分たちが可愛いことを知っててやってるよね、ってこと多々ありますよね。

ま、それに乗せられるのもまた楽しみの一つなのですが。

 

しかし我が子よ、400kmと言ったら守谷から名古屋までだぞ、名古屋!

わかってんのかな〜、わかってないだろうなぁ〜。

新幹線使っても2時間半はかかるところなのだよ。

 

今回は途中キャンペーンなどで70km程が免除されて330kmになりましたが、それでも東京-名古屋間に相当します。

ようやく名古屋!?についた〜!っと思ったのも束の間…鬼コーチみーの一言が冴え渡りました。

往路があれば復路もあるぞと。気は抜くなと。

 

はい。頑張ります。

応援よろしくお願いします。

 

※ポケモンやポケモンGOは任天堂・米国NIANTIC社はじめ関連各社様の登録商標です。各社様の関連ポリシーや文化庁発出の著作権に関する情報を遵守した上で、ここでは飽くまで私個人の体験談として一般常識の範囲内で取り上げました。万が一、当方の不勉強や至らない点がありましたら、どうかご容赦ください。

第5話 進化への道のり 〜前編〜

なんとなく流行りに乗りたくて手に入れたものの、あまり上手く使いこなせず放置されているものありませんか?

机の引き出しの奥深くで眠っていても、手に入れた本人がすっかり忘れていても、魅力あるものは思いもよらないきっかけで再び日の目を見ることがあります。

今日は私の人生を変えるかもしれない、そんなアイテムが”再始動”したお話です。

それではどうぞ〜

実はこのゲームが世に出た当初にちょびっとやってみたのですが、仕事も忙しく雰囲気を楽しんでそのままになっていたので、世に激ムズゲームは数あれど、ここまで体育会系に楽しめるゲームだとは知りませんでした。

公園へ参りますと、おじさまおばさま方が結構やってらっしゃいますし、まぁお散歩くらいで十分楽しめるのかなと思っていたのであります。

確かに珍しいキャラクターを出そうと思わなければ、それなりの運動量でそれなりに楽しめるのでしょう。

しかし、私は以前たまたま可愛いクジラのキャラクターを拾っていたようで、こどもたちがそれを見つけて物語は動き出しました。

さぁ、超がつく陸上苦手人間かつ元来の運動不足が蓄積している中年院長の運命やいかに!?

〜後編へ続く〜

 

追記:激ムズゲームと言えば、はるか昔、私が小学生だった頃、ファミコンソフトに「迷宮組曲」なる鬼ムズゲームがありました。分かるかなぁ、分かんねぇだろうなぁ。そもそもファミコンって何よってツッコミが聞こえてきますね。あれ、クリアできた人いるんでしょうか…。勿論いないはずはないのでしょうが、いたら間違いなく達人です。尊敬します。

 

※ポケモンやポケモンGOは任天堂・米国NIANTIC社はじめ関連各社様の登録商標です。各社様の関連ポリシーや文化庁発出の著作権に関する情報を遵守した上で、ここでは飽くまで私個人の体験談として一般常識の範囲内で取り上げました。万が一、当方の不勉強や至らない点がありましたら、どうかご容赦ください。

第4話 国家の三要素

蒸し暑い日が多くなってきました。

いよいよ梅雨ですね。

喘息や湿疹など体質管理も大切ですし、熱中症や食中毒の防止など、この時期特有の注意点も忘れず過ごしたいものです。

新学期も始まりました。こどもたちの心の変化にも気を配りましょう。

 

さて、今回は前回の続編です。

独立王国”ゆきの座椅子”の運命やいかに!?

それではどうぞ〜。

使い心地が良く快適なもの、便利なもの、見た目が素晴らしいものは時に家族からも狙われます。

ゆきの座椅子は確かニトリで4,000円くらいでしたでしょうか。

いやこれが本当に座り心地が良くて、一度納まってしまうとなかなか離れられません。

お!値段以上ってやつです。

 

何気なく座ってニュースを見ていると、側から何やら視線が…

みーはすべり台かトランポリンかとキャーキャー遊ぶし、あつはオットマン代わりに足をのっけてくつろいで…

仁義なき縄張り争いですが、それもまた微笑ましいものです。

自分のものを大切にする気持ちはとても大事ですね。

他人が大切にしているものに気づくこと、それをともに大切にすることもまた大事なんだなと改めて教えられました。

 

私は小学校低学年の時に、進研ゼミをちょっとだけやっていました。

その付録で犬の小さなマスコットが贈られてきたのですが、その犬の目の周りに可愛い輪っかの模様がシールで貼ってありました。

ある日、そのシールを弟が剥がしてしまい大喧嘩に。

どう決着したかは覚えていませんが、そういえば宝物のように大事にしていたものって色々あったなぁと思い出します。

 

皆さんには宝物、ありますか?

自分だけのテリトリー、ありますか?

子育て中に見つけることは、きっと簡単なことではないでしょう。

でも、そんな奮闘中のママさんパパさんへ。

こどもたち特に赤ちゃんのテリトリーは、今きっと皆さんです。

夜泣きで寝られなくても、朝から晩までドタバタでも、喧嘩しても、時に体調を崩すことがあっても、

いずれ自立し巣立っていく小さなでも宇宙一の宝物とのかけがえのない時間を、ともに楽しみましょう。

第3話 プレゼントにも個性

”誕生日”、それは誰にとっても特別な日。

みんながお祝いしてくれる、年に一度の主役の日。

チヤホヤもされるでしょうし、ちょっとくらいのわがままなら許してもらえるでしょう。

そんな誕生日のメインイベントと言えば、やはり”誕生日プレゼント”。

こどもであれば誰しも、ここぞと狙ったものを手に入れるべく、きっと猛アピールをすることと思います。

今日はそんな”誕生日プレゼント”にまつわるお話しです。

それではどうぞ〜

小学生が誕生日プレゼントに座椅子をチョイスしてくるとは…うーむ、ナイス!

誰に譲る必要もない、自分だけのテリトリーを手に入れた彼の満足度は非常に高いようです。

よっかかってぼやーっとしてみたり、おやつを食べてみたり、ゲームしてみたりと、さながらそこは独立王国のよう。

マイ座椅子、皆様もいかがですか?

 

ところでこの座椅子、最後のコマにあるように、ソファーの真ん前に置かれているため、一家団欒のひとときが面白い構図になります。

ソファーのうち座椅子の真後ろ部分に腰かけると、真ん前に座椅子があるため、飛行機の座席みたいに移動の際に足を上げたりとひと工夫が必要。

でも、そんな「俺が先頭(リーダー)だぜ」的な特別感が満足度をさらに高めていることでしょう。

良い物というよりも”良い場所”を手に入れたようです。

自分の居場所、大事ですよね。

 

さて次回は、そんな彼の座椅子に侵略の魔の手が!?

そして、今話を読まれた方の中には、「あれ?じゃあ…」と、疑問に思っている方もいるであろう点についてお届けします。

それではまた。

第2話 ナノケアの実力

今日は黄砂がかなり飛んでましたね。

車は砂まみれになるし、アレルギーの子の受診は増えるしで大変な1日でした。

いつの時代も、大陸・中国の影響というのは大きいものです。

 

さて、世の中には様々なキャッチコピーや売り文句が溢れていますが、

健康食品の疑似科学はじめ、文字通りに受け取ってはまずいものも多くあります。

さすがにそりゃ言い過ぎでしょ、とか、またまたそんな大げさな、とか。

ところが、今回はそんなこちらの低い期待と警戒感が見事に裏切られた、度肝を抜かれたエピソードを1つお届けします。

それではどうぞ〜

マイナスイオンだの、ナノケアだの、実はそんなものはあまり信用していませんでした。

どうせ家電会社さんや量販店さんの売り文句…くらいにしか考えていなかったのです。

それがどうですか。正直、一瞬理解が追いつかず戸惑いました。

まーったく違ったのです。

いくら前のドライヤーが◯十年ものの骨董品(ママが独身時代から使用)しかも小型であったからと言って、ここまで違うものかと。

シャンプーのCMなんかでありますよね、CG加工してるかのようなさらさらヘアー。

あんな感じでした。

 

私の中では、壊れたら危ない家電製品トップ3に入るドライヤーです。

骨董品の調子がふるわなくなってきて、乾かしづらいというのはあったようなので、ちょうど良い機会と購入を決めました。

久々に良い買い物をしました。

 

何についても正直なこどもたちに言わせても、ぜんっぜん違うとのこと。

みーなんかはドライヤーいらないような小さい子特有のサラサラヘアーですが、それでも物珍しそうに乾かしてもらってました。

何でもママと一緒のものがいいのですね。かわいいやつ。

 

ちなみに、我が家も親戚も取引先も、Panasonicさんとは何の利害関係もありません。

まぁ、私がここで取り上げたくらいで、良くも悪くもどうこうなることはないでしょうが。

世のお父さん方、プレゼントに困ったら、ナノケアドライヤーなぞいかがでしょうか!?

※勿論、効果を保証するものではありませんし、上記はあくまで全て我々の体験談です。

 

そして世のお母さん方、ドライヤーは水濡れで普通に感電して命に関わります。

火傷の原因にもなりますので、小さなお子さんの手の届かないところに保管しましょう。

 

次回は、今回取り上げた”誕生日プレゼント”をお題にお届けしようと思います。

それではまた。

第1話 ウケる答案用紙

コロナの影響でインドア生活が延々と続く今日この頃、こどもたちは学校からたくさんのプリントや課題をもらっています。

ありがたいことです。

しっかり者の次男は、毎日コツコツと取り組んでいるようで、頼もしい限りです。

ところが、そんな彼にも思わぬ落とし穴が待っていました。

それではどうぞ〜

いや、これには参りました。

聞けば本人は全く意識していなかったのだとか。

はいはい、うけるね、ならこれでしょってな感じでスラスラ〜っと書いたようです。

はじめは反射的に×をつけてしまったのですが、よく考えればここは◎ですよ◎。

○じゃなくて◎です。

間髪入れずに◎がつけられなかった時点で、私もまだまだのようです。

 

久々に腹抱えて笑いました。

コロナ戦時下にあっても、微笑ましい家族のひとときでした。

 

しかし、よく考えてみれば、問題も問題だなと。

「うける」だけ書いてあっても勘違いする可能性はありますよね。

小学生の書く漢字には「受ける」しかないのでしょうが、

例えば「授業を うける 」みたいに書いてくれればねぇと。

いやしかししかし、そうだったらこのナイスな回答は生まれなかったわけで…

物事は少し適当なくらいの方がいいのかもしれませんね。

はじめに 〜登場人物紹介〜

このブログには、とある小児科医の日常や経験が描かれています。

ご覧いただいても別に特典はありませんし、役に立つすごい知識が載っているわけでもありません。

御用とお急ぎでない方に、ゆるりとご覧いただければ幸いです。

 

〜 登場人物の紹介 〜

1