第4話 国家の三要素

蒸し暑い日が多くなってきました。

いよいよ梅雨ですね。

喘息や湿疹など体質管理も大切ですし、熱中症や食中毒の防止など、この時期特有の注意点も忘れず過ごしたいものです。

新学期も始まりました。こどもたちの心の変化にも気を配りましょう。

 

さて、今回は前回の続編です。

独立王国”ゆきの座椅子”の運命やいかに!?

それではどうぞ〜。

使い心地が良く快適なもの、便利なもの、見た目が素晴らしいものは時に家族からも狙われます。

ゆきの座椅子は確かニトリで4,000円くらいでしたでしょうか。

いやこれが本当に座り心地が良くて、一度納まってしまうとなかなか離れられません。

お!値段以上ってやつです。

 

何気なく座ってニュースを見ていると、側から何やら視線が…

みーはすべり台かトランポリンかとキャーキャー遊ぶし、あつはオットマン代わりに足をのっけてくつろいで…

仁義なき縄張り争いですが、それもまた微笑ましいものです。

自分のものを大切にする気持ちはとても大事ですね。

他人が大切にしているものに気づくこと、それをともに大切にすることもまた大事なんだなと改めて教えられました。

 

私は小学校低学年の時に、進研ゼミをちょっとだけやっていました。

その付録で犬の小さなマスコットが贈られてきたのですが、その犬の目の周りに可愛い輪っかの模様がシールで貼ってありました。

ある日、そのシールを弟が剥がしてしまい大喧嘩に。

どう決着したかは覚えていませんが、そういえば宝物のように大事にしていたものって色々あったなぁと思い出します。

 

皆さんには宝物、ありますか?

自分だけのテリトリー、ありますか?

子育て中に見つけることは、きっと簡単なことではないでしょう。

でも、そんな奮闘中のママさんパパさんへ。

こどもたち特に赤ちゃんのテリトリーは、今きっと皆さんです。

夜泣きで寝られなくても、朝から晩までドタバタでも、喧嘩しても、時に体調を崩すことがあっても、

いずれ自立し巣立っていく小さなでも宇宙一の宝物とのかけがえのない時間を、ともに楽しみましょう。